読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵比寿の夜は石音たかく

恵比寿で暮らすバーテンダー、イゴの雑記。音と碁と酒が好き。

ダーツと僕と、恵比寿の朝と。

日記 恵比寿のバー

ダーツが弱いのに、ダーツバーと縁がある僕で。

 

初めて飲食で働いた西麻布のお店は、ダーツとカラオケが置いていて。店長やオーナーはダーツが半端なく上手かった。

最初は1週間だけ働く予定だったので「僕はダーツじゃなくて、まずはバーテンダーとしての仕事を!」と、おそらくダーツを握らなかったはず。

 

次に働いたダイニングバーにも、ダーツが1台だけ置いてた。新しくはなく、通信機能もないものだった。僕はこの「13」の数字すら外れてたダーツ台が、少しだけ可愛く見えてた。

だからか、深夜(当時は24時から朝9時まで1人で働いてた)にお客さんがいない時に1人でダーツを投げてた。おかげで素人程度にはなれたけど、それ以上は練習しなかった。

 

今働いているダイニングバーには、ダーツ台がない。が、向かいのビルにダーツバー『Twenty eight.st(28stで、通称ニッパチ)』がある。

朝6時まで(日曜祝日は翌朝5時まで)やっていて、いつもスタッフさんが親切で元気。常連さんも何人か知り合いがいて。そんな状況じゃ、まぁ、通うお店になるわけで。

 

そんなわけで、今宵も仕事終わりにニッパチへ。

 

f:id:yebisu15:20170127091219j:image

ダーツが5台あるだけじゃなく、ゆったりと座れる店内は広い。更には僕が愛するカウンター席や、ソファでくつろげる個室まであって。最大80人ぐらいは入れるとか。

 

 f:id:yebisu15:20170127091239j:image

「イゴー、ダーツやろう」と、カウンター前で歳上の常連さんと笑顔で乾杯。「ダーツが弱いんですよー。ホントに」と逃げ腰の僕を掴まえて、「人数合わせだし、オレと組むから大丈夫」と、やはり笑顔。

ちなみにこの先輩、ビックリするぐらいダーツが上手い。他にも立体四目並べも半端なく強かったので、こういうゲームに強いんだと思う。いるんだ、こういう呑兵衛が。ステキだなーって、思う。

 

f:id:yebisu15:20170127091303j:image

なんだかんだで……。

 

 f:id:yebisu15:20170127091321j:image

……投げることに!

 

投げる姿だけなら普通に見えなくもない。が、「イゴー、せめて的まで届かせようぜ!」と先輩の笑い声が響くぐらい、今夜の僕はいつも以上に酷かった。

それでも2ゲームして、2ゲームとも勝利。先輩、本当に強いっす。と、僕も対戦相手も尊敬の眼差し。おかげで初対面だった対戦相手の方とも仲良くなれましたとさ。

 

f:id:yebisu15:20170127091346j:image

その後はカウンターでジャックダニエルをソーダ割りで頂く。ちなみに、ニッパチは日本初のジャックダニエルの公式ブランディング・ダーツバー。

カウンターはカウンターで、ダーツと関係ない世間話が多く。男性スタッフさんも女性スタッフさんフレンドリーなので、ダーツをしなくても呑みに来れます。おすすめです。

 

f:id:yebisu15:20170127091407j:image

結局、居心地よく朝6時まで呑んで帰宅。近所の交差点の先には、もう太陽が。「たまにはダーツも悪くないなー」って思いながら、楽しかった1日を終えるのでした。

【テクノと僕と1夜目】いくぞ、テクノ!

テクノと僕と 日記

テクノを1から勉強しようと思った。

 

キッカケはブログを書き始めたことにある。せっかく何かしら日々を書き留めるのだから、時間をかけて情報を蓄積するさま(その道中はきっと滑稽でチャーミング)をネタにしようと。

 

そのネタ候補に、まずカクテルや日本酒が挙がった。が、直ぐに却下した。

新しく仕事にしてるこれらを勉強真っ最中にネタにすると、何かしら間違いや問題発言をやらかして仕事に支障を与える気がしたからだ。君子危うきに近寄らず。屁っ放り腰でいいじゃないか。ぷー。

 

次に思い浮かんだのが、囲碁で。これまた、直ぐに却下した。

アマチュア二段ぐらいの僕が勉強方法をネットにアップするのは、さすがにニッチ過ぎる。あと、碁盤の表示や棋譜の再現もめんどくさそう。手間暇かけるのは悪くはないけど、手間暇かける自慰行為に溺れるのも危険なの。気持ちいいけどね。

 

で、テクノである。

 

音楽好きと公言している僕だけど、好きと知識があるは似て非なるものである。

主に90年代のギターポップやギターロック、00年代以降のソフトロックが好きだ。が、この時点で僕も「フワッとしたこと言ってんなー」と詰まらなくなる。その程度。

 

とはいえ、テクノである。

 

なんとなくのイメージはあって。シンセサイザーやリズムマシーン等の電子楽器を使用し、メロディよりもリズムや音色に重きを置いた音楽。

テクノの始祖的神様と言えばドイツのクラフトワークだし、日本のイエロー・マジック・オーケストラYMO)も世界的に有名。

 

これが、僕のテクノのイメージ。

 

ビックリすることに、大間違いだった。

 

クラフトワークYMOが既に人気だった70年代後半には、まだテクノという言葉がなかった!

 

テクノという言葉が確立したのは、さらに10年後の1988年だっていうじゃないか!

 

そんなアホな……。

 

2017年現代において、クラフトワークYMOをテクノと呼んでも差し支えはないはず。言葉に囚われてコミュニケーションが破綻するなんて、滑稽を通り越して時間の無駄。伝わればいい。

でも、僕が今回「テクノを1から勉強しようと思った」はそれとは別。情報を知識として蓄えてみたいのですよ、趣味の範囲で。間違ったイメージを払拭したい!

 

やるな、テクノ! いくぞ、テクノ!

どこか知らんけど、きっと楽しい場所へ!

 

ということで、今夜のテクノ話は「そもそもテクノを勘違いしてましたー」という報告まで。

次回からはYouTubeで音源を紹介しつつ、テクノの始まり『デトロイト・テクノ』が何かを学んで記事にします。

 

味気ないので、YMOがバラエティ番組に出てたのを乗っけておきます。

2本目の動画で坂本さんが細野さんの名前を言えなかったところで、複雑な笑みがこぼれたことを最後に残しつつ。

 

 

ザクロの季節が終わろうとしている

日記

ザクロの季節が終わろうとしている。そんなこと、今のバーで働くまで知らなかったけど。

 

今働いているダイニングバーだけでなく、多くのバーでフレッシュ・フルーツ・カクテルが用意されている。果物を絞ったりすり潰したりしたものと、アルコールを合わせて呑むカクテル。

多くの場合、果物は旬なものを使っている。この時期だと、金柑や柚子も美味しい。そんな中で、ザクロ。知らなかったなー、ザクロの旬な季節を。

 

冒頭でお伝えした通りザクロの旬な季節が終わろうとしているので、お店では今後1年間分のザクロジュース(もしくはシロップ)を作るため、ザクロをムキムキします。

 

f:id:yebisu15:20170127011711j:image

こんなザクロを……。

 

f:id:yebisu15:20170127011737j:image

パックリと割って……。

 

f:id:yebisu15:20170127011759j:image

皮や薄皮を剥がし、傷んだ味を取り除き、こんなジュエルみたいな綺麗なものに選別します。勿論、ここまで全て手作業。これを専用のジューサー(更に果汁だけに分けてくれるもの)で仕上げます。

余談ですが。この説明をある方にした際「めっちゃ犬神家だ…」とコメントを頂きました。とてもステキなリアクションだと嫉妬したことを、ここに書き残しておきます。

 

ザクロのカクテル、甘く濃厚で美味しいです。金柑とジンなんて、サッパリしてバッチリです。実は手間暇かかってるフレッシュ・フルーツ・カクテル。贅沢な季節の味を楽しめるのは、やはり幸せな夜でございます。

阿部芙蓉美さんと、色っぽさと、セクシーと。

日記

阿部芙蓉美さんばかり、聴いてる。

 

唐突なうえに、ぶっきらぼうだけど。他にも懐かしい曲や新しい曲、ラジオから流れてくる曲も聴いてる。聴いては、いる。

 

でも、気付けば阿部芙蓉美さんの曲に戻ってしまう。

 

彼女を好きになったのは、2012年。アルバム『沈黙の恋人』と出会ってからなので、昔から知ってるってわけじゃない。それでも、もう5年も聴いてて。

 

阿部芙蓉美さんは、色っぽい。

 

唐突なうえに、ぶっきらぼうだけど。『色っぽい』って、例えば胸が大きいとか、ヒップがバヒンバヒンとかってイメージする人もいるだろう。けど、彼女は違う。というか、僕の中での『色っぽい』はそうじゃない。

『セクシー』も同様に人によってイメージが違うだろうし、僕のイメージする『色っぽい』や『セクシー』は少数派になるんだろう。でも、そんなのは関係ない。僕自身のイメージが大事で。

 

阿部芙蓉美さんは、色っぽいしセクシーだ。

 

妖しさ、妖艶さのような、ここに居そうにない雰囲気が大事で。かといって神々し過ぎてもダメ。阿部芙蓉美さんがステージでもチラッと見せる可愛い仕草や、イタズラっ子っぽい表情のような人間さも大事。

そして、なにより、阿部芙蓉美さんの歌声が色っぽい。セクシー。ハスキーでウィスパーで気怠げで、「君は退屈なことばかり話してないで、私にそれっぽい抱擁をくれたらいいのに」と可愛く歌うそれが、色っぽい! セクシー!

 

分かっていただけるだろうか?

 

いや、特に分かって頂かなくていい!

 

僕の中で色っぽいとは阿部芙蓉美さんのことなので、それでいい!

 

それがいい!

 

「私、ドMなのー」とか笑いながら吐いてる話しぐらい、どうでもいいことは分かってる。性癖なんてものは気軽に話すものでもないし、色っぽいさやセクシーも同様だ。

そもそも「私、ドMなのー」って言ってる人ほどサドもマゾも分かってないことが多い! ファッションと性癖が違うということを、ご理解いただきたい!

 

話が大きく逸れた!

 

とにかく、阿部芙蓉美さんがグッとくる2017年を過ごしていて。「あー、新曲出ないかなー。もう個人の活動はしないのかなー」とオフィシャルサイトをチェックすると3月から3ヶ月連続でライブがあるよう。これは行かねば!

 

グレイプバインの田中さんとコラボしたのもいい。彼女の「ハイウェイ・ハイウェイ」も、グレイプバインの名バラード「エレウテリア」を彼女が歌ってるのも至宝。ぜひ、御一聴いただければ。

 

阿部芙蓉美さんは、色っぽい。これをご理解された方がいれば、ご一報を。一緒に呑みましょう、楽しい夜になるはずです。待ってます。

春雨道中を、枕に。

日記

年始、仕事もはじまったというのに2連休がはじまる。世間のカレンダーとは違い、土日祝日が関係ないのが飲食業界。本日9日(月祝)と明日10日(火)がお休み。さて、特に予定がない。

元日から「挨拶に行かなきゃ!」と呑みに行き続けたのもあって、この2連休は休肝日にしようと決める。まだ挨拶に行けていないお店のが多いけど。

 

家に籠るのは好き。好きな音楽を聴いたり、ラジオを流したり。本を読んだり、囲碁を打ったり、楽器を弾いたり。少し長めに、お風呂に入ったり。暇になることがない。

家にいて1人で呑むことは、まずない。お酒を欲しいとも思わない。勿論、大好きだけど。やっぱり、バーで誰かと笑いながら呑むのが好きみたい。

 

時間があるからと、普段は聞いていないラジオをチェックする。去年からはじまったradikoのタイムフリー機能は本当に便利というか、便利過ぎて「1日が24時間じゃ足りない!」とラジオ好きと笑ったぐらい。

そんな中、TBS『おぎやはぎのメガネびいき』をチェックしてたら、ママレイド・ラグ「春雨道中」が選曲されて「うわー、懐かし過ぎる!」とテンションが上がる。調べたら2002年の曲とのこと。

 

当時、音楽雑誌スヌーザーの編集長田中宗一郎氏が取り上げていたのを読んでアルバムを買った記憶がある。確か「スーパーのBGMで流れてそうな音楽」と書いてあったような、なかったような……。

 

今でこそ大瀧詠一氏界隈のポップを引き継いだ気持ち良いサウンドと思えるけど、当時の僕にはどこか物足りなかった。それも音楽知識が乏しいから仕方ない。今だって、この「春雨道中」を聴けているのか定かじゃない。

それでも気持ち良さは変わらない。あー。休日の午後、ベランダから流れてくる陽や風が音に乗っかって、気持ち良い。このまま昼寝でもいいかな……。

 

正直、AMラジオで、しかも2017年に、ママレイド・ラグを聴けるとは思わなかった。おぎやはぎさんの番組で。小さな驚きがある休日っていうのは、良いもの。贅沢、ぜいたく。

ボウイと乾杯したくて、ひとり。

日記 恵比寿のバー

今夜も恵比寿のバーで楽しく働いた後の片付け中、お客さんもいなくなった店内の音楽がデビッド・ボウイに変わった。

 

「わお、ボウイやん」と僕がテーブルを拭きながら声を張ると、「今日がボウイの誕生日ですから」とキッチンの音楽好きスタッフが嬉しそうに返した。

そっか。ボウイの誕生日は1月8日やったんや。去年に亡くなってたから、命日が1月10日だったとは覚えてたけど。誕生日を覚えて意識して行動してるスタッフがいて、とても嬉しい。

 

 

片付けをしながら、スタッフ間でボウイの話を。全スタッフがボウイを知ってるのが意外というか、当たり前というか。

生前、2000年以降あんまり話題に挙がらなかったイメージがあるのは、日本ではボウイのフォロワーが少なかったからかもしれない。

 

話題は本日8日から日本で始まったデビッド・ボウイ回顧展『DAVID BOWIE is』に。

前日にinterFM『レディ・ステディ・ジョージ』にキュレイターの方がゲストに出て言った「ボウイが回顧展を想定していたように、デビュー時から全てのモノが残っていたからこそ出来た大回顧展」だとスタッフに伝えると、「(ナルシストっぽい)デビッド・ボウイらしい」と笑い声が響いた。そう言いながら、みんなボウイが好きなのが分かる。嬉しい。

 

片付けを終えて店を出る。「そうか、今日はボウイの誕生日か。……乾杯しなきゃ!」と、こじつけを思いつく。遅くなった年始の挨拶も兼ねて、恵比寿のバーへ1人で乗り込む。勿論、行く先に今日がボウイの誕生日だと知ってる人はいないだろうけど。

 

f:id:yebisu15:20170113164820j:image

1件目は『Bar TALI(バー・タリ)』へ。タリさんの内装はオレンジの柔らかい光を基調にカフェっぽい。けど、店内にはPS4が置いていてゲームをしてる人がいれば、奥のテーブル席でカラオケを歌う人も。

たまに「気軽に居心地よく使えるバー」と聞くけど、常連さんにとってはタリさんが正にそうなのかも。良いバランスの自由感はオーナーさんの腕の見せ所だと思う。あと、ゴキブリポーカーのレベルは恵比寿最強だと思う。まじで。

時間も遅かったので、久々にオーナーさんと2人でシッポリと話す。ちょっと前の思い出話、お酒にまつわるお互いのイメージ、音楽の話、等々。

あっという間に2杯を頂き「今年もよろしくお願いします」と告げて、次のお店へ。楽しい夜は続く。

 

f:id:yebisu15:20170113164849j:image

2軒目は近所の『BAR LOUNGE VIVI WEST(ヴィヴィ・ウエスト)』へ。去年2016年9月に恵比寿の『BAR LOUNGE VIVI(ヴィヴィ)』の2号店としてオープン。雰囲気はヴィヴィさんより少しくつろげて、でも変わらずカウンターでカジュアルに呑めるお店。

「こんばんは」と入店すると、店長とスタッフさんが「イゴさん、あけましておめでとうございます!」と丁寧に挨拶してくれた。野太い声で。いや、濃い目の男性スタッフばかりだけど、本当に丁寧。気持ち良い。

 

f:id:yebisu15:20170113164915j:image

「大根を白だしで、正月っぽく」と出してくれたお通し、味が染みてて美味しかった。「美味しい、しんみりお酒に合う!」と言いながら、本当にお酒が進んでブッカーズを2杯。

良い感じに酔っ払ったので、帰宅。お店を出る際も「イゴさん、今年もよろしくー」と階段を降りるまで見守ってくれた。本当に、丁寧。カジュアルに、丁寧。

 

気持ち良く2軒をハシゴして「やっぱりボウイの話をしなかった」とは気付いたけど、それはそれと夜が明ける恵比寿を意気揚々と歩いて帰った。

2017年の囲碁はじめは、乾杯たかく。

珍しく金曜がお休みだったので、恵比寿から離れて千代田区の麹町へ。お酒が囲碁が打てるバー(もしくはバー感覚でお酒が呑める碁会所!)のDISこと『ダイヤモンド囲碁サロン』に行くため。

仕事の日も休日も関係なく、ネットを使えば毎日囲碁が打てる。勿論、プログラム相手ではなくネット上で囲碁を打つ人たちと。それでも、やっぱり、相手と向き合って石を持って打つ方が楽しい。

 

 

DISには多くの碁盤がある中、バーカウンターがあって。それは"形だけ"のバーカウンターがあるんじゃなくて、"人が集って笑える"バーカウンターがあるんです。中には呑みに来るだけの碁打ちもいるぐらい。

しかも、水曜日と金曜日は夜遅くまで (だいたい終電ぐらいまで)営業しているので、20代から50代までの幅広い方々が集まってます。勿論、「囲碁って名前しか知らない」って方もスタッフが懇切丁寧に教えてくれますよ!

 

 f:id:yebisu15:20170110003847j:image

……で。今年初日のDISでの最初の対局は負けに終わりました。同じ棋力の方と3目半負け(とても僅差!)で、悔しくて。悔しくて、悔しくて。呑むよね!

 

f:id:yebisu15:20170110003910j:image

拗ねて呑んでたら、スタッフ(というかボス的な)ヨシコさんが正月的なモノをくれた。ありがたい。ヨシコさんの優しさとか、何度も乾杯したがるとことか本当に可愛くて大好き!(既婚者だけど!)

その後もスタッフや常連さんと(主に囲碁と関係ない話で)盛り上がって笑って呑んで、ほろ酔いで終電に乗り込み恵比寿に戻ったとさ。

 

今年は囲碁も頑張るもんね!

 

酔っ払って恵比寿に戻ったので、もう1軒だけ。

去年12月末にオープンした『the 4th』さんで、オーナーやスタッフさんにご挨拶。やっぱり、正月的に日本酒を頂いたり肴をご馳走になりました。ありがたや、ありがたや。

f:id:yebisu15:20170110003946j:image

 

そんなこんなで今年も囲碁を楽しく打っていきますし、恵比寿でも囲碁で楽しいことができればなー、と!